観れば絶対ハマる!!!極限状態での人間を描いた、感動のヒューマンドラマ!大人気海外ドラマ「ウォーキングデッド」




こんにちは!
「松屋のキムカル丼にはまる社会人
どうも、おろポンです!

今日レビューするのは、大人気海外ドラマ「ウォーキングデッド」

あっという間に観終わったので、今回だけシーズン1からシーズン8までを通して思った事、感じた事をまとめてレビューをしちゃいます!

ドラマ「ウォーキングデッド」

人間の敵はゾンビか、人間か

ある病院で昏睡から目覚めた元保安官リック。周りを見渡すとそこは、ウォーカー(ゾンビ)に支配された世界になっていた。

再会した家族や旅の途中で出会った生存者たちと共に、救いの地を求めて旅を続けるも、ウォーカーは容赦なく人間を襲う。

そして、自分たちが生きれるならと、見知らぬ者に対して排他意識を持つようになり、生存者同士の非情な戦いへと発展してしまう。

果たして、この世界の敵はウォーカーなのか、それとも人間なのか。

登場人物

今作品の重要な登場人物及びキャストが気になる人はこのNAVERまとめを見てみて!
NAVER:https://matome.naver.jp/odai/2144666492813434001?&page=1

評価:⭐⭐⭐⭐⭐

ただのゾンビドラマじゃない

最初の印象は転化したウォーカー(ゾンビ)を必死に駆逐していく、アクションホラーかと思ってたけど、良い意味で全然違う!

朝から晩まで、いつ、どこからウォーカーに襲われるかもしれないっていう恐怖の中、常に死と隣り合わせで生き続ける日々。

そして死を目前にすると、生存者たちは人間らしさを失い始める。

そこはもう、人間が決めた法律や規則、ルールは存在しない無法地帯

生きるためなら、仲間を裏切ったり、危険な行動を取る仲間を殺したり、不審な行動を取る生存者を殺してもいい。

もちろん、新しく出会った生存者を助けたり、殺そうとしてきた生存者を仲間に入れてあげてもいい。

人間らしさを失うかどうかは、全て本人次第。そして、自分に作ったそのルールがその後の自分を形成し、変化していく。

極限状態に追い込まれた、人間だからこその心理や感情、行動が見れて、とても見応えがあって、面白い!しかも、登場人物が多いからなおさらで、色々なタイプの人間が見れる。

だからこの作品は、アクションホラーじゃなくて、生きることに必死な人間の本質を描いた最高のヒューマンドラマ。

若干中だるみあり

ウォーカーの対処に慣れた人間たちは、生活をより良いものにするために、欲を出し、より多くの食料や武器、寝床を手に入れようとする。

するとそこに現れるのが、ウォーカー。ではなく、人間で、同じことを考えていた別の生存者たちと遭遇して、それらを賭けた人間vs人間の戦いが始まる。

この戦いはとても見てて面白いんだけど、途中に、進展なくだらだらとその戦いへ向けて準備したりする中弛みがあったりして、微妙。

先延ばしする必要ないのに、要らないハプニングを起こして先延ばししたりとか。話を無理やり長くしてる感じ。

そこが唯一、この作品に対するネガティブな意見。

それ以外は本当に素晴らしくて面白い作品だから、ぜひみんなに見て欲しい!

こんな人にオススメ

  • サスペンスホラーが好きな人
  • ゾンビ系ドラマが好きな人
  • 裏切り展開が好きな人

 


人間を喰らうウォーカーに支配される極限状態の中、どう対処し、どう生きていくのか。

追い込まれた人間の心理や感情、行動といった人間の本質を観察できる最高に面白いゾンビ作品!

↓↓↓「ウォーキングデッド」を観たくなった人はこちらから↓↓↓

Hulu(シーズン1 ~ シーズン8) : https://www.happyon.jp/the-walking-dead

Netflix(シーズン1 ~ シーズン7) : https://www.netflix.com/search?q=%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89&jbv=70177057&jbp=0&jbr=0


 

最後まで読んでくれてありがとう!

良かったらツイートもよろしく!