戦祭りで大興奮!ついにホワイトウォーカーが壁を突破する!?大人気海外ドラマ「ゲームオブスローンズ 第7章」




こんにちは!
「セリフは短いのに、字幕がめっちゃ長い」
どうも、おろポンです!

今日レビューするのは、大人気海外ドラマ「ゲームオブ・スローンズ 第7章」
サーセイはぶっ壊れて大聖堂ごと爆発させ、デナーリスは反乱を起こす奴隷商人たちと決着がつき、ジョンはサンサと合流し、ラムジーをタオシー、ウィンターフェルを奪還した前章。
デナーリスが故郷のドラゴンストーンに向かったってことは完全に戦闘モード。
今回はたくさん戦が見れそうだぞ!!!
楽しみだけど、見終わるのも寂しいな。まあ見るけど。

ドラマ「ゲームオブ・スローンズ 第7章」

総合評価:⭐⭐⭐⭐⭐

ストーリー:⭐⭐⭐⭐⭐

登場人物:⭐⭐⭐⭐⭐

SF:⭐⭐⭐⭐⭐

アクション・アドベンチャー:⭐⭐⭐⭐⭐

あらすじ

「ホワイトウォーカーの脅威」

反乱が収まり、大戦へ向けて各王家が動き出す。

同盟を結んでいたタイレル家もろともハイスパロウを殲滅し、サーセイ・ラニスターは再び権力を握る 。過去に忠誠を誓った一家の者を呼び戻すが兵力が足りないため、<鉄の銀行>への借金を返済し、兵を増やそうとする。

女王デナーリスは、ティリオンやシオンたちと共に故郷ドラゴンストーンに到着する。そこで、サーセイに憤怒を抱く、オレナ・タイレル、そしてエラリア・マーテルと同盟を結び、王都ウェスタロスを沈める戦略を画策する。そして、北の援軍を得るため、ジョンへと使い鴉を送る。

ウィンターフェル領主となったジョンとサンサは、北部の領主たちを集め、ホワイトウォーカーと戦うため戦略会議を開く。しかし、デナーリスに忠誠を命じられたジョンは、サムからの頼りでホワイトウォーカーを倒すのに必要なものがドラゴンストーンにあると知り、しぶしぶデナーリスの元へ向かう。

そしてホワイトウォーカーは、<壁>へあと少しのところまで迫っていた。

登場人物

今作品の重要な登場人物及びキャストが気になる人はゲームオブ・スローンズの公式サイトを見てみて!
ちなみに相関図も載ってるから、これを見て観ていくのもアリかも!

公式サイト
https://www.star-ch.jp/drama/gameofthrones/sid=7/p=o/

感想(ネタバレあり!)

サーセイ意外とやるやんw

ラニスター家の先祖伝来の城、キャスタリーロック!ラニスター家にとっては大事なはずなのに、そこを捨て、タイレル家のいるハイガーデンを難なく攻め落とした。なんとあのバカなサーセイが見事デナーリスたちの裏をかく! 普通に俺も騙されたわw タイウィンが生きてたらやらなそうだけど、家族のことしか考えてないサーセイならやるよなw

だけど、これに対して怒ったデナーリスたちの奇襲を受けて、大量の兵を失った。まあサーセイにしては健闘した方でしょw

この時のドラカリスの登場と圧倒的な強さは鳥肌もんだったわ。

スターク一家大集合

ついに第7章にして、ジョン、サンサ、ブラン、アリアの4人が揃った!それぞれ険しい道を通って生き延びてきてた分、久しぶりの故郷、そして久しぶりの家族は感慨深い。

ジョンはデナーリスに忠誠を誓ったから、スターク家はデナーリス側で戦をすることは確定だな。北の領主たちは南の人たちを信用してないからそこを説得するのは大変そうだけど。

アリアの成長が目覚ましい

前章でウォルダーを始末し、今回そのウォルダーの顔を使ってその一族も殲滅する。一人で。強すぎでしょw

そして、すっきりしたアリアは故郷に帰り、丘の上で会った時以来にブライエニーと再会する。前会った時は戦わなかったけど、手合わせで戦うことに。全体的にアリアの圧倒w さすがのアリア!上達した剣さばきを披露する。それに対してなかなか剣が当たらずイライラしていたブライエニーはまさかの蹴飛ばしwww それは大人げないわwww

一方で、アリアを見てたサンサの目は「ああ、アリアめっちゃ成長してるじゃん。私は…。」って感じだったよね。 姉妹間の嫉妬。あるあるだなw

最終章でアリアのサーセイ戦での活躍を観るのが楽しみだ!

ベイリッシュ、お疲れ様でした

ベイリッシュを疑うアリアは部屋を調べある手紙を発見した。そこにはサーセイを擁護するサンサの手書きの手紙が!サーセイ大嫌いのアリアにとってはきつい事実。その後の姉妹の口喧嘩は結構見応えあった。結局アリアが論破したけどw

しかし、全てはベイリッシュが仕組んだ罠。

これを機に、サンサとアリア険悪モードに突入して、なんか良からぬことが起きそうな予感。そこへすかさず飛び込むベイリッシュ。全て計画通り。アリアを排除するため、サンサに助言し、誘導する。

そして、大広間へ呼び出されたアリア。「やばいよ、ベイリッシュの思惑通りやん」と思ったら、ベイリッシュが呼び出される!裏で企んでいたサンサとアリアに一本取られましたw まさかの展開にベイリッシュはコンフューズwww

「相手の動機を探る時、ゲームをする。最悪のものを考えたわ。」

ベイリッシュの助言が仇となってしまった。これは致命的なミスだったね。嘘も方便という言葉があるように、たまには必要な時もあるけど、息を吐くように嘘を吐く奴は、絶対どこかに足がつく。バレる。そしてツケが回ってくる。どうせこうなる。良い教訓だな。

今まで沢山の嘘と裏切りをありがとう。w

精鋭vsホワイトウォーカー

<壁>を超えたジョン、ハウンド、ジョラーなどなどの精鋭たちはホワイトウォーカーを持ち帰るだけの予定だったが、そうはいかず、薄氷の上でホワイトウォーカーに包囲される。

そしてハウンドの暇つぶしの挑発のセイで戦いが始まる。次々と迫ってくるホワイトウォーカーを倒していく姿がかっこよすぎる。さすが、精鋭たち。特にブラザーフッドの炎の剣かっこいい。炎と剣の組み合わせは男のロマン。

さらにそこへ、ドラカリスに乗ったデナーリスが駆けつけ、ドラゴンの炎がホワイトウォーカーを焼き尽くす。

ここでのアクションは迫力満点で本当に最高!何回でも観れるわ。

相変わらずのクズ

ジョンたちが命がけで持ち帰ったホワイトウォーカーを見て、さすがのサーセイも危険を感じて、一時休戦し、壁の向こうからの脅威を根絶する事にした。

しかし、それはあくまで口約束。サーセイはジェイミーに、休戦する気はない、むしろ絶好のチャンスだと話す。こいつは、ほんと、何なの。

さらに、忠誠を誓ったからそれには背けない、と100%正論を言うジェイミーを背信行為とみなす。ジェイミーしか信じてもらえる人いないくせに、そいつを自分で突き放すとか。ここまで行くと、逆に最高。期待してたクズを超えたクズを披露してくれる。 良いキャラしてるわw

さて、ジェイミーはどうするんだろう。ティリオンのところへ行くのかな。

ジョンとデナーリスの展開は理想過ぎるけど…

ファンが選ぶ付き合ってほしいランキング1位に選ばれそうなジョンとデナーリス。そんな二人の間に愛が生まれた。

やったー!これは登場人物的にも嬉しいし、キャスト的にも嬉しい。誠実だし、民を大事にするし、<鉄の王座>にふさわしい!その二人が結婚すれば、平和になる事間違いなしでしょ!

だけど、ブランの三つ目の鴉によって明らかになった事実。それは、ジョン・スノウの本当の名はエイゴン・ターガリエンだと言う事。つまり、スタークの血は通っておらず、ターガリエン家の子であり、デナーリスの甥であるという事。

ジョンとデナーリスがお近づきになる展開はわかってたけど、この展開は想定してなかったな。この事実を二人が知れば、結婚する事はなくなる。二人ともそういう倫理的な事には厳しいからな。

ブランは絶対言うだろうし、二人の関係はどうなっちゃうんだろう。

まあそうなるよな、つよw

ホワイトウォーカー率いる夜の王は、大きな槍でドラゴン一体を見事打ち取り、氷の下に沈めた。死んだ生き物を蘇らせる力を持ってる時点でやる事は一つ。そう、ドラゴンを蘇らせ、戦力にする事。

そして、目が青くなりかっこよくなったドラゴンが青い炎で<壁>を溶かし、ついにホワイトウォーカーたちが<壁>を突破してしまった!完全にやばい状況w

最終章は、今回の戦いよりもっと大きな戦いになるだろうし、ドラゴンvsドラゴンが見れるだろうし、もう楽しみ過ぎるな。


今回は全体的に展開数が多く、物語がぎゅっと凝縮されていた印象。

キャスタリーロックでの戦い、ハイガーデンでの戦い、そしてホワイトウォーカーとの戦い。戦盛りだくさんで、どの戦いも迫力があるかっこいいアクションは一番の見所。

そして、徐々に惹かれ合う、デナーリスとジョンのラブロマンスは見所の一つ。ぜひお楽しみに。

↓↓↓Huluオリジナルコンテンツ「ゲームオブ・スローンズ」を観たくなった人はこちらから↓↓↓

https://www.happyon.jp/game-of-thrones/assets?asset_tray_id=-3&sort=episode_number_asc


 

最後まで読んでくれてありがとう!
良かったらツイートもよろしく!