映画並みの壮大なスケールで描く、架空の国を舞台にした壮絶な覇権争い!大人気海外ドラマ「ゲームオブ・スローンズ 第1章」




こんにちは!
「昼は仕事、夜モンハン、深夜は決まってGOT
どうも、おろポンです!

今日レビューするのは、大人気海外ドラマ「ゲームオブ・スローンズ 第1章」
GOT(Game Of thrones)ーーー!!!世界中で大ヒットということで観る以外の選択肢なし!
最近新シーズンが公開され、今Huluで公開されてるので第7章まであるらしい!(第8章で完結)
これほど人気を博すこの作品は、どんな物語を繰り広げていくのか。楽しみだな( ̄▽ ̄)

ドラマ「ゲームオブ・スローンズ 第1章」

SF/アクション/アドベンチャー/スリル

全10話

総合評価:⭐⭐⭐⭐⭐

ストーリー:⭐⭐⭐⭐⭐

登場人物:⭐⭐⭐⭐⭐

SF:⭐⭐⭐⭐⭐

アクション・アドベンチャー:⭐⭐⭐⭐⭐

あらすじ

「王座の行方」

舞台は七つの王家が統治する戦乱の時代。太平を望む者もいれば、復讐を誓う者、陰謀を企てる者もいる。幾つもの欲望が絡み合い、それぞれの王家が壮絶な覇権争いを繰り広げる。

登場人物

今作品の重要な登場人物及びキャストが気になる人はゲームオブ・スローンズの公式サイトを見てみて!
ちなみに相関図も載ってるから、これを見て観ていくのもアリかも!

公式サイト
https://www.star-ch.jp/drama/gameofthrones/sid=7/p=o/

評価

壮大なスケールと世界観

まず1話を観て思ったのが「えっ、これドラマだよね?」っていう疑問www こんな大規模なドラマ観たことがない!
山、海、砂漠、大自然を存分に使った背景は、スマホで観ていても迫力が伝わってくる!そこで繰り広げられるアクションは半端じゃない!
劇中に使われる「King of North!」。この言葉だけでもそのスケールが伝わってくる…これは無理やりすぎたかな?www

そして、世界観のスケールも壮大!
ただ王国同士が兵士たちを指揮して戦うだけじゃない。そこには、ドラゴンや魔術師、能力者などの様々なファンタジー要素。どう考えても面白くなる要素が混じっているwww
だから戦闘シーンのスケールも大きくて、迫力満載!

改めて、これがドラマだなんて信じられない。贅沢過ぎる!

登場人物の多さ

登場人物がとにかく多いwww 第1章だけでも物語の鍵を握る人物は10人以上、それ以外にも重要な役割を持つ人物もたくさん。
はっきり言って初見で全ての人物を把握するのは難しいと思う。実際俺も、あれ、この人何家の人だっけ?ってなった事が何回かあった。だから、もう一周することを早期に決めた笑
もう一周したくない人は公式サイトに載ってる相関図見ながら、観ることをオススメする!

でも、ネガティブに捉えないで!重要人物が多い分、物語もより一層面白くなるから!
まずそれぞれの人物がどの家系で生まれ、どう育ち、どういう人間性を持ってるのかを観察。そして、それを含め、過去と現在の国、家系の動きを見た上で、それぞれがどう動いていくのか、予想するのがめちゃくちゃ楽しい!他にも伏線が結構あったりして、予想好きの人にはピッタリ!伏線の回収率も良いから、モヤモヤして終わることないし、仮に回収出来なくても、残り6シーズンもあるから、いずれ回収してくれる!

当たれば当たったで盛り上がるし、外れればまたその意外性に高揚する…どっちにしろ楽しい笑
個人的なキーパーソンは王都の議員リトルフィンガーことベイリッシュ公。こいつが曲者過ぎて笑 観ればわかる!

過激な描写

剣で殺しあうシーンら処刑するシーン、娼婦とSEXするシーンなど過激なシーンのめじろ押し。「最初っからグロいな」って思ったけど、徐々に目は慣れてくる。

権力、金、女が全て。まさに、人間の欲望がむき出しになる時代。それが惜しみなく伝わってくる!これは過激な描写があってこそであり、そこにリアリティを感じるから。これも魅力的な特徴の一つ!
もう、面白い要素がありすぎて、最高!これは、ハマる!


中世を舞台に、王国同士の熾烈な権力争いを壮大なスケールで描いたアクションドラマ。

過激なシーンの演出は特に拘りを感じる。そのリアリティがあるからこそ、この世界観に飲み込まれてしまう。1話観てしまえば、中毒者になることは間違いない。

ぜひみんなに観て欲しい!!!

↓↓↓Huluオリジナルコンテンツ「ゲームオブ・スローンズ」を観たくなった人はこちらから↓↓↓

https://www.happyon.jp/game-of-thrones/assets?asset_tray_id=-3&sort=episode_number_asc


おまけ♡(ネタバレあり!)

 

最後まで読んでくれてありがとう!
良かったらツイートもよろしく!