一発逆転!こういうの好き。Netflixオリジナル映画「ギャンブラー」




今日紹介するのは、久しぶりの映画のNetflixオリジナル作品「ギャンブラー」!

映画「ギャンブラー」

星:⭐⭐⭐⭐⭐

キーワード:ギャンブル/恋愛/家族/ヒューマンドラマ/スペイン映画

上映時間:1時間28分

 

あらすじ

「ギャンブラーの素性がよく描かれているヒューマンドラマ」

負けてばかりのギャンブラー、エディ・ギャレットは、刑務所に入ることになった知人から彼のバッグを預かる。その中身には何と5万ドルの現金の束が入っていた。生活するお金もなかったエディは、ついそのお金に手を出し、ギャンブルに大金を使ってしまう。

一方で、ある出会いをきっかけに1人の女性と付き合っていた。彼女は子持ちで、結婚も真剣に考えていた。エディは彼女といる時間に幸せを感じ、それが糧となり借金返済のため仕事を始める。

しかし、刑務所からの出所が早まることになり、借りた5万ドルを戻しておかないといけない。それに残された時間はわずか。最後にしたエディの行動とは。

感想

ギャンブルはやらないがベスト

エディは、ただギャンブルにお金を使ってる人。ギャンブラーではない。もっと言えば、才能ないのに勝とうとする、無謀でバカな人だ。

実際、映画だけじゃなくてこういう人は沢山いるよね、普通に。勝ったことがないならそのまま辞められると思うけど、勝った経験があるとその過去にすがって「俺はまだいける」みたいになっちゃうんだろうね。

確かにそういう過去があったとしても、過去は過去だし、過去を根拠にやってる時点で負けな気がする。だって「現在」を見れてないから。だから負けるし、負けても辞められないんだろうね。

ああ、ギャンブルは怖いね。

恋人は時に人を矯正してくれる

エディは預かったお金でギャンブルをして一度勝ってしまった。その時に、夜のバーで会った女性と恋に落ちる。その人は堅実なタイプ。自分とは真逆だったからこそ、自分にないものを持っている憧れや羨ましさを抱き、惹かれたのかもしれない。

エディはこの人と出会ってから、兄の職場で仕事を始めることになった。借金を抱えていると言う理由もあるかもしれないが、彼女のように反対の人に出会ったからその影響を受けたんだと思う。

でも、そんな人はすぐ出会えるものじゃないからなー。

まあ渋谷にいるような女と出会って恋に落ちたからって、自分を正しい方向に変えてくれる人なんかいないから、むしろダメな方に向かうだけだから笑

あんなの小便じゃなくて精子を出すだけのトイレと変わらんでしょ笑

元に戻るのは一瞬

エディは順調に仕事を続け、返済金を稼いでいたが、返済する期日が早まってしまった。その日まであと一週間、友達や兄に借りようとしてもそんな大金はすぐには貸してくれない。

短期間で一気にお金を増やす方法…。
焦りから生まれた行き着く先は、やはりギャンブルだった。そんな状態でやってもいい結果が出るわけがない。もちろん負けて、さらに多くの借金を負ってしまった。

焦りを感じてしまうと、何も考えられなくなる。冷静に考えようとしても、思うような答えが得られない。結局、今までの経験から答えを探してしまい、この映画のように失敗してしまう。

根本から変わるのは相当難しいよね。

まとめ

「ギャンブラー」は個人的にはとても面白かった。ギャンブルをした経験はないが、ギャンブラーと言う人種がどういう人間なのか、凄くわかる良い映画だ。もはやドキュメンタリーに近い。

最後の賭けで勝つあたりは映画だなと感じてしまうが、ぜひギャンブルを辞めたい人には見て欲しい。自分を側から見たら、こういう感じなんだってわかると思う。

最後まで読んでくれてありがとう(^^)

良かったらツイートよろしく!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA