こんにちは!

「おろしポン酢好きなやつ大体優しい」

どうも、おろポンです^^

今日紹介するのは、みんな知ってるであろう「デスノート」!元々は漫画だけど、アニメ化されて、日本で実写化もされて、それほど人気で有名な作品ってことだよね!

そして、それがついに海外で実写化されることになった!何年か前に「ドラゴンボール」が実写化されて話題になったよね。見てないけど、どうせクソでしょwww

今後は「ナルト」とか「BLEACH」の実写化も考えてるらしく、日本の漫画の凄さがわかる!でも、実写化されるからにはイメージを崩さず作って欲しいところ。

ってことで、今回の「デスノート」は一体どんな感じなんだろうか。

ドラマ「DEARH NOTE (デスノート)」

星:⭐

キーワード:実写化/デスノート/サスペンス/ホラー

上映時間:1時間40分

あらすじ

ある日、ちょっと頭の良い学生ライトは偶然ノートを拾う。しかしそのノートは、名前を書くだけで人を殺せる「デスノート」。

その力を使い、犯罪者を次々と消していくライト。果たして彼は正義の味方か、連続殺人犯か。

見てみて…

ライトが全然違うwww

完全にライトのイメージ壊しに来たwww

アニメの月(ライト)は、頭の良い東大生で、世界に対して不満を抱えていてそれをデスノートを使って表現し、訴えていた。しかし、この作品のライトはずば抜けて頭が良いわけでもない。

母が犯罪者に殺されたからその復讐で使ったのが最初。それ以降は「犯罪者=母を殺したような悪い奴」と言う考えが根付き、とりあえず犯罪者を殺すと言う単細胞ぶりwww

殺した後のことも何も考えてないし、ノープランなライトとかライトじゃないでしょ。

これはリュークも楽しくないわなw

ミア(ミサ)がライトに反抗的!?

ミサではなく、ミア。外人の名前だと、ミサはさすがにないか。

アニメは、ミサはライトに従順で、ライトの言うことならなんでも聞くスタンスだったのに、この作品だと、ミアはライトと協力し合うも、ライトに背いた行動を何回もする。全然違うやんwww

Lが黒人って、キャスティングどうなってんのww

俺のLの容姿のイメージは、髪がボサボサで肌白でスタイルが良い。って感じだったのに、真逆で来やがったw 製作者側はちゃんと漫画読みました?www

しかも、容姿だけじゃなくて中身までLじゃない。アニメだったら冷静沈着で何が起きても取り乱すことなんてなかったのに、この作品のLはめちゃくちゃ取り乱す。冷静なのは最初だけ。

頭脳戦ないんだ

写真見たらわかるけど、ライトとLめっちゃ走るじゃんwww

デスノートって、ライトとLが頭脳戦して互いに追い詰め合うものじゃなかったっけ?この作品は、互いに感情に流されて全く頭脳戦じゃない。これを見たいから観たいって言う人もいるだろうに、これはショック。

逆に何も考えずに見れるから、頭使いたくない人は良いかもねw

日本の実写化よりもクソ

日本の実写化の方が良かったわ。

日本の実写化とこの作品との大きな違いは、キャラクターとストーリー。日本の実写化はアニメを軸に作ってたからズレはそんな無かったけど、この作品はアメリカのエンタメ感を出してオリジナリティを出してる気がする。だから、こんだけ違うものになった。

そういう独自性を進む感じは好きだけど、今回は失敗だな。w

偉そうに評価

やっぱり日本のアニメを海外が実写化するのはダメでしょ。まあ日本の実写化も反対派なんだけどね。

原作を再現すると言う点で見ると、キャスティングもキャラクターもストーリーもシナリオもクソ。新しい映画として見るにしても、キャラクターが平凡だし、展開も忙しないし、最後の終わり方も納得がいく終わり方じゃない。

完全にオリジナリティを出そうとしたのが仇になったな。もう日本のアニメを実写化するのやめたら?www

ってことで、原作が好きな人は観ない方が良いよー!

 

最後まで読んでくれてありがとう(^^)

良かったらツイートよろしく!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA