あのSF漫画がついに映画化!Netflixオリジナルアクションアニメ「BLAME!」




今日は、youtubeの動画広告でちょいちょい気になっていた「BLAME!」をレビュー!

アニメ「BLAME!」

アクション

星:⭐️⭐️⭐️⭐️

人気アニメ「シドニアの騎士」の原作でも知られる漫画家・弐瓶勉のデビュー作をアニメーション映画化したもの。

監督は、アニメ「シドニアの騎士」「亜人」を手掛けた瀬下寛之が担当。

あらすじ

人類が違法居住者として、駆除・抹殺される暗黒の未来。無限に増殖し続ける超巨大な階層都市のある階層地区で暮らす絶滅寸前の住人と、人類が統制していた世界に戻すため、あるものを探す主人公・霧亥(キリイ)の危険な旅路を描いた物語。

感想・評価

まず、描写が特徴的で面白かった。未来を想像させる機械的で独特な世界観と圧倒的なスケール感、そしてハードなアクションシーンはワクワクするものがあった。

内容は、凄いってほどじゃないけど十分に楽しめた!
序盤で物語の着地点が明確になったので、?が浮かぶようなこともなく、ある程度予測がついてわかりやすく、すらすらと見ることが出来た。

絶望的な窮地に立たされた時の不本意ながらも1つの希望に賭けるしかない場面や共に行動しているうちに情が芽生える場面、欲に走り前が見えなくなる場面は、感情や行動がしっかりと描かれていて、人間の本質を見れて面白かった!

総合的に見て、普通に良かった!原作を知らないので、あくまで初見の一意見としてだけど。

原作を知ってる人はもちろん、SF映画が好きな人はぜひ見てみて!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA