これは贅沢過ぎる。NetflixオリジナルMARVEL作品「ディフェンダーズ」




こんにちは!

「日本のドラマ、映画はオワコン。アニメだけ制作してれば良い。」

どうも、おろポンです^^

今日レビューするのは、MARVEL作品「ディフェンダーズ」

やっと観れたーーー!まじ最高だった( ̄▽ ̄)
今まで連続で観た4人のヒーローが出るドラマは贅沢すぎる。

ちなみに、この作品だけ観るのは絶対タブー!ジェシカ・ジョーンズデアデビルルークケイジアイアン・フィスト全部見てからじゃないと楽しめないからね!

ドラマ「ディフェンダーズ」

キーワード:MARVEL/アクション/アドベンチャー

全8話

総合評価:⭐⭐⭐⭐⭐

ストーリー:⭐⭐⭐⭐

アクション:⭐⭐⭐⭐⭐

映像・音楽:⭐⭐⭐⭐⭐

あらすじ

舞台はニューヨーク。デアデビル、ジェシカ・ジョーンズ、ルーク・ケイジ、アイアン・フィスト、4人のヒーローが結集し、それぞれが戦ってきた黒い組織の陰謀を完膚なきまでに叩きのめす。

見てみて…

ジェシカのジョーク最高!!!

ジェシカがいるおかげで、緊張感があるシーンでたまに笑みが溢れる独特な言葉のセンスを魅せてくる!演者のクリステン・リッターの雰囲気にもぴったりで最高!ジェシカは必要不可欠。

この組み合わせは正解

ヒーローたちの出会いは偶然的に見えて必然的だった。ジェシカの弁護士をマードック、ヤミノテの使いだとしてハーレムの子供たちを追っていたアイアン・フィストと救うために現れたルーク。4つの作品を観てればこの展開は納得がいく。

そして、この組み合わせ。全部の組み合わせ考えたけど、これが一番しっくりくる。ジェシカの言葉のセンス(フォギーと似てる)で笑うマードック。そして、アイアン・フィストの「I’m IRON FIST」って言う伝わるはずのない恒例のボケを、現実主義なルークがツッコむ。

完璧( ̄▽ ̄)

ジェシカとアイアン・フィストの組み合わせも面白いけど、もう一方が微妙だからナシだな。

日本語通じてる?大丈夫?w

ヤミノテの全体ミーティング。1人だけずっと日本語喋ってるカオスな状況w この会議大丈夫か?って言う笑うポイントがあったよねw

4人結集!興奮!!!

まさにこの写真!最後の戦闘シーンで並んで登場するヒーロー!これはかっこ良すぎる!私服が過半数占めてるけどwww

衝撃のラスト、、、

ラストは本当に衝撃的!これは完全にネタバレだけど、まさかマードックが…。でもラストシーンで続きがある事は確定。ヒーローが切り離され、3人と1人になったシーズン2はどういうストーリーになるのか今から楽しみ( ̄▽ ̄)終わり方も嫌いじゃない!

まとめ

最初から最後まで面白かった( ̄▽ ̄)

マイナスな点は、日本語とガオ以外のヤミノテのインパクトくらい。

日本語は観ればすぐわかるし、演者も演技が下手www インパクトは薄かったのがモヤモヤした。もうちょっとヒーローに匹敵する存在感はあっても良かったのかなと思う。相変わらずヤミノテの長期的な目標がよく見えないけど、それは今後わかってくるのかな?

それ以外は文句なし!

劇中のヒーローの存在感は別格だし、それぞれのキャストも演技が上手くて最高だった!最後のクライマックスに向けて、徐々に団結し合っていくストーリーも面白かった!

だから本当に観終わるのがあっという間だった。シーズン1は全部で8話、イッキ見じゃなくて1話ずつ楽しみにしながら見るのもアリかもね!

最後まで読んでくれてありがとう(^^)
良かったらツイートよろしく!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA