オリジナル作品のが面白かったな。海外アクション映画「ザ・シューター/極大射程」




こんにちは!

「ハンバーグをあっさり食べたければ、おろしポン酢一択」

どうも、おろポンです^^

今日紹介するのは、以前紹介したNetflixオリジナル作品「ザ・シューター」の映画版!「ザ・シューター/極大射程」!

公開順的には逆だけど、そこは気にしないwww

映画「ザ・シューター/極大射程」

星:⭐⭐⭐⭐

キーワード:アクション/アドベンチャー/スリル

上映時間:2時間6分

あらすじ

海兵隊で有能な狙撃兵だったスワガーは、戦地から戻り、人気のない山奥で生活を送っていた。しかし、ジョンソン大佐に大統領暗殺計画を止めるために呼び戻される。だが、そのミッションには、罠が仕組まれていた。

キャスト

マーク・ウォールバーグ

マイケル・ペーニャ

ダニー・グローバー

ケイト・マーラ

イライアス・コティーズ

Netflixのザ・シューターと比較して

設定が違うんだけど…

現役を引退して山奥で暮らしていたスワガー。ドラマでは、妻と女の子の子供1人の3人家族だったんだけど、映画は全然違った。まさかの、犬1匹。www

山奥でただでさえ孤独なのに、なんかかわいそうだったw

この設定は結構大きくて、ドラマでは罠にはめられて逃亡してる時に家族の保護を考えたりしてたけど、映画にはそういうのがない。だって犬だしw

だから、スワガーが背負う責任感とか抱える焦燥感が欠けていて、ストーリー的な緊張感がなかったかな。

逃亡中に匿ってくれたのが、海兵隊の時に相棒だったドニーの嫁サラ。ドラマだとドニーのお母さんが出てきたのに、映画はドニーの嫁が出てきたw おばさんだと思ったから、急に美人が出てきて興奮した( ̄▽ ̄)

最後のシーンで、スワガーが大佐とか上院議員を抹殺するシーンあったんだけど、そのお迎えの車にはサラがいたんだよね!絶対これ結婚するやつだわ笑

他にもドラマと細かい違いがあるから、気になる人は映画見てみて^^

ストーリーが圧縮されすぎ

ドラマ見た後だと、やっぱり物足りなさを感じた。

ドラマはスワガーのシーンはもちろん多いんだけど、それ以外にもFBI捜査官のシーンだったり、ジョンソン大佐や政府のシーンだったり、海兵隊にいた頃のシーンだったり、複数のキャストにスポットを当てていた。

だから、それぞれの人間性や考え方、俯瞰して相互の関係性とかを見れて面白さがあったんだけど。

でも映画は基本的にスワガーで、まあその分俳優マーク・ウォールバーグの演技とかアクションに集中できて良かったけど、スワガーが行動してる時に一方で他の人はどういう行動をしてたのかが見れなかった。それはやっぱり気になるし、そこが見れないのは物足りなかった。完全にドラマ見ちゃたせいだねw

結局、ドラマと映画どっちが良い?

これはね、断然ドラマの方が良いです。w

だって、アクションとかシーンとシーンの繋がりの整合性、ストーリーの深さの点のすべてにおいて、ドラマのが良かったんだもん!

役者も俺はドラマの方が好きかな。特に、マーク・ウォールバーグのスワガーも良いんだけど、

ライアン・フィリップの方が軍人感あって好き^^ FBI捜査官も、逃亡中のサスペンスシーンで見た時に、抜けた感じではなく、キリッとして頭がキレる感じの容姿の方が絶対良いしさ!まあ他にもあるけど、ここは割愛っと。

ってことでドラマを絶対見て欲しい!男なら絶対好きだから!保証する!

ドラマは今シーズン2配信中、見てない人はとりあえずシーズン1だね!心配しなくても絶対はまるから^^

最後まで読んでくれてありがとう(^^)

良かったらツイートよろしく!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA